トップ 差分 一覧 最終更新 ソース 検索 ヘルプ RSS ログイン

左近

左近攻略

立ち回り考察

→○○○or→○>↑↑○or→○○>↑↑○を狙ってく
基本的に相手が変わり身してきたら即手裏剣キャンセル>繰り返し
問題は一発目の当て方。相手の変わり身を見切って
→○>→○○と続けるとこがムズイ。変わり身の有無を確認してから
続けるのは相当な反射神経を要する。可能なのか?ってぐらい
単純に→○連打だと一発目での相手の変わり身からの即反撃に
手裏剣キャンセル>回避が微妙に間に合わない(相手によるが…)
だからまず→○>キャンセルで牽制したり、→○を早めに出す等して
相手の変わり身のタイミングをずらしてから、攻撃するのが良いと思う
→○○○は意外と変わり身できるポイントが絞られてるから
一発目さえ決めれば後は楽に反応できる。
→○○○を多連拳にすることもできるが、それは残りチャクラと相談
多連拳のほうがダメージはでかいが変わり身に対処できないと云うリスクを考えて使う
→○○○の場合は出し切らずに途中キャンセル>繰り返しってのも有り

そして、相手が守りを固めてきたら牽制後に←○or↓○○を狙う
↓○○の後は念のため手裏剣キャンセルしとく
→○時に防御されたら素直に←××で距離をとって再び→○
変わり身後に高速移動がきたらこっちも変わり身で距離をとるしかない

@爆滅法陣(↓↓○)の使い方@
これを背後に置いとくことで相手の変わり身や反撃を防げる
出が若干遅いので使用するタイミングと場所が重要
半端な距離で使うとすぐ潰されるし、離れすぎても意味がないので
→○○○後、多連拳後、←○後の相手が動けない状況で主に使う
いずれもある程度壁に近い場所で使わなければならない(壁と挟む感じ)
←○後の場合は←××してから使用
チャクラの残りに気をつけること。たまには法陣上で回復するといいかも

@有効な連携@
・←○後などで相手か受身とる瞬間多連拳
だいたい相手が左近の頭くらいに落ちてきたら発動。決まるとマジ気持ちいい
ただし、相手が受身を取ること前提。余裕があればどうぞ。
・○○↓○>即多連拳
最終モーション時に多連拳の準備しとく。これも気持ちいい。

技性能一覧

最終更新時間:2006年01月06日 09時46分01秒 [通知用URL]